• ひっぽのへそ大根

    宮城の隠れ里「丸森町筆甫地区」に伝わる

    究極の凍み大根

  • 「ひっぽのへそ大根」の特徴

    宮城県丸森町の「筆甫(ひっぽ)」地区。

     

    その名は仙台藩祖・伊達政宗公が領内を検地した際、最初に記入した土地である由縁で「筆の甫(はじめ)」を意味して名付けられたと謂われがあります。

     

    「ひっぽのへそ大根」は、輪切りにした大根を茹で、串に刺してから1ヶ月ほど寒風にさらし、乾燥させた凍み大根で、この地域で各家庭へと大事に伝え継がれてきた伝統の保存食です。

    素材の戻りが速い

    下茹でをしてから干しているので20分ほどで戻り、火の通りも早く、短時間で調理できます。

    歯応えと香りの強さ

    天日による自然乾燥ならではの食感と素材の香りが特徴で、甘味みがあり、旨味たっぷりの戻し汁も、出汁やスープとして活用できます。

    保存性が高い

    賞味期限は1年間。地域で長年伝えられて来た保存食で、旬の大根の美味しさをいつでも味わえます。

  • 「ひっぽのへそ大根」ができるまで

    山里「筆甫(ひっぽ)」で人と自然がともに作り上げた、飴色の宝物「へそ大根」。大根に刺した串のあとが「へそ」のように見えることから、その名が付きました。標高500mの山々に囲まれる筆甫は「へそ大根」づくりに最も適している山奥の高地。澄んだ空気で乾燥させ、夜に「凍る」、昼に「溶ける」を日々繰り返すことで、天然のフリーズドライ加工となり、他の産地では生み出せない歯応えと旨味を凝縮してゆきます。

  • (1)大根の生産・収穫

    大根は年間で10tを収穫。500kgのへそ大根を生産しています。

    (2)洗浄・保管

    収穫した大根を洗浄し、専用倉庫にて約1ヶ月間保存します。

    (3)大根の皮剥き、下茹で

    大根の皮を剥いて等分にカットし、大釜で下茹でをします。

    (4)乾燥

    天日で3週間から1ヶ月程度自然乾燥します。

    (5)完成、出荷

    色と形の良いものだけを選別し、販売用に出荷します。

  • へそ大根のご利用方法

    食べ方いろいろ!万能乾物「ひっぽのへそ大根」

    【へそ大根の煮しめ】

    へそ大根の旨味たっぷり定番の郷土料理

    [材料 2人前]
     へそ大根6個 結び昆布2個 凍み豆腐2枚 

     干し椎茸2個 人参竹の子こんにゃくなど200㌘ 

     絹さや塩茹6枚 かつお出汁約200㏄ 

     へそ大根と干し椎茸の戻し汁合わせて100㏄ 

     料理酒大さじ1 みりん大さじ1 醤油大さじ3

     

    [作り方]

     へそ大根・昆布・凍み豆腐・干し椎茸はぬるま湯

     で戻しておき、人参・こんにゃく・竹の子は乱り。

     絹さやは塩ゆでしておく。

     鍋にへそ大根の戻し汁、椎茸の戻し汁、①の材料

     を入れ、具材がかぶるくらいのかつおだしを加え、

     料理酒も入れてから加熱。

     8分通り火が通ったら、みりん、しょうゆの順に加

     えて煮汁が半量になるまで煮含め、器に盛って絹さ

     やを添える。

    【へそ大根のポトフ】

    切った材料を煮込むだけの簡単レシピ!

    [材料 4人前]
     へそ大根4個 人参1本 玉ねぎ1個 メークイン1個

     エリンギ2本 Gアスパラ4本 

     ベーコンブロック200㌘ ローリエ1枚 

     へそ大根戻し汁200㏄ 料理酒大さじ2 塩小さじ1 

     薄口醤油大さじ1 お好みで黒胡椒少々

     

    [作り方]

     ①へそ大根はぬるま湯で戻しておき、人参は大きめ

     の乱切り、玉ねぎは8等分、メークインは3〜4等分、

     Gアスパラは5㌢長さに切る。

     ②鍋にへそ大根の戻し汁、ローリエ、①のGアスパラ

     以外の野菜を入れて強火にかけ、料理酒を入れて

     沸騰したら調味料を加え、火が通るまで弱火で30分

     ほど煮込む。

     ③野菜に火が通ったらGアスパラとソーセージを加

     え、お好みで仕上げに黒胡椒を振る。

    マーボーへそ大根

    椎茸のみじん切りでカロリーダウン

    [材料 2人前]
     へそ大根6個 椎茸みじん切り2個分 豚ひき肉20㌘

     にんにく生姜みじん切り小さじ1ずつ 

     小ねぎ小口切り大さじ1 ごま油大さじ1

     ラー油大さじ1/2 豆板醤大さじ1 

     オイスターソース小さじ1 へそ大根の戻し汁100㏄

     めんつゆ小さじ2 料理酒小さじ2 

     水溶き片栗粉大さじ1

     

    [作り方]

     ①戻したへそ大根は水切りして2センチ角切りにし、

     フライパンにごま油を熱して、にんにく、生姜、豆

     板醤を入れ、香りが出たら椎茸みじん切りと豚ひき

     肉を炒め、料理酒を振る。

     ②オイスターソース、めんつゆ、へそ大根の戻し汁

     を①加え、ヘそ大根を加えて一煮立ちしたら水溶き

     片栗粉でトロミをつけて出来上がり。

    へそ大根のポタージュ

    作り置きして冷凍できるポタージュ

    [材料 2人分]

     へそ大根2個 里芋3〜4個 玉ねぎみじん切り1/4個分

     (固形コンソメ1個 へそ大根の戻し汁100㏄ 

     白ワイン大さじ2 ローリエ1枚) 牛乳150㏄

     塩小さじ1/2 ホワイトペッパー少々 

     パセリみじん切り少々

     

    [作り方]

     ①へそ大根はぬるま湯で戻し、里芋は水洗いして皮

     ごと電子レンジで4~6分加熱し、皮をむいて賽の目

     に切って、玉ねぎみじん切りと( )内の調味料を合わ

     せた鍋で煮る。ローリエを取り出したらミキサーに

     かけて鍋に戻す。

     ②鍋に①と牛乳とへそ大根を加え、一煮立ちしたら

     塩とホワイトペッパーで味を整えて器に盛り、パセ

     リを散らす。

    へそ大根のまるまる丼

    食べ応え満点のスタミナ飯

    [材料 2人分]

     へそ大根2個 エリンギ小2本 豚バラ肉160㌘ 

     塩ひとつまみ 片栗粉小さじ1 ごま油小さじ1

     料理酒大さじ2 みりん大さじ2 醤油大さじ2

     はちみつ小さじ1 五香粉ひと振り 温泉卵2個

     キャベツの千切りひとつかみ 紅生姜適量

     ご飯茶わん2杯分

     

    [作り方] 

     ①へそ大根はぬるま湯で戻しておき、エリンギは輪

     切り、豚バラ肉は5センチ幅程度にカットして塩を振

     り片栗粉をまぶす。

     ②フライパンにゴマ油を熱して①の豚バラ肉、エリ

     ンギ、へそ大根の順にソテーし、料理酒、みりん、

     しょうゆ、はちみつを加えて煮からめ、五香粉を

     振って火を止める。

     ③丼にご飯を盛り、キャベツのせん切りを敷いて②

     を乗せ、温泉卵と紅生姜をトッピングする。

    へそ大根のお好み焼き風

    カルシウム満点の手軽なおやつ

    [材料 2人分]

     へそ大根6個 サラダ油小さじ2 マヨネーズ大さじ1

     オタフクソース大さじ1 青海苔適量 鰹節適量

     あみえび4㌘

     

    [作り方]

     ①ぬるま湯で戻したへそ大根を絞って水気を切り、

     サラダ油をひいたテフロンフライパンで両面に焼き

     色を付ける。

     ②表面にソース、マヨネーズを塗り、あみえび、青

     海苔、鰹節を振って皿に盛る。

    へそ大根キムチ

    一番簡単でシンプルな美味しさ

    へそ大根をぬるま湯で30分戻したら、市販のキムチの素で和える。

    お好みで胡瓜の乱切りを加え、30分ほど味を馴染ませたら食べごろ。

  • お買い求めはこちら

    「ひっぽのへそ大根」はこちらのリンクからお買い求めください。